DQXTVでドラクエの生みの親である堀井雄二さんが、ドラクエ1の思い出を話していました。 
出演者の会話を文章でお送りします。

dq464




スポンサードリンク
椿姫さん「ドラゴンクエスト28周年と題しまして
堀井さんにドラクエにまつわるお話を伺っていきたいと思います。

堀井さん「28年続くなんて思ってなかったですね。

当時ちょうどファミコンが流行ってきてて
僕はロープレ(ロールプレイングゲーム)にはまってました。 
それでファミコンでもロープレできるんじゃないかという話をしてて。

でもロープレより先にアドベンチャーゲームだということになって
当時僕がPCで作っていたポートピア連続殺人事件というのをファミコンで出したんです。
文字を入れて答えるみたいな。そういうゲームに慣れてもらって。 

 dq465

堀井さん「その後、いよいよロープレかなということになって、ドラゴンクエストを出しました。

当時はメモリ(記憶容量のこと)がなくてね。
小さいのにどうやって(データを)入れるかってとこで苦労しました。
でもその苦労が楽しかったですね。

よーすぴP「今からじゃ(そんな小さな容量)想像できないですもんね。

堀井さん「64キロバイトでした。

よーすぴP「ちょっとした画像ファイル並みですね。

椿姫さん「小さいガラケーの壁紙よりも小さい容量ですね。

堀井さん「そこにプログラム シナリオ データ 音楽 絵も全部入ってる。

メモリも1バイト使ってないですもん。
4ビットで行こうと。
なので武器も15種類作れるぞみたいな。

んで、文字も1バイト使ってないんですよ。7ビットです。
だからカタカナなんか20文字しか使えない。

椿姫さん 「あ。聞いたことあります。
使えるカタカナが少なくて、その中で呪文の組み合わせとかがあったとか。

堀井さん 「1バイト使うと256種類使えるんですけども、その半分しか使ってないので
ひらがな全部と、いろんなコードとあまったぶんカタカナみたいな。

でもそうやってきゅうきゅうにすること(小さい容量にデータを詰め込むこと)
が逆に楽しかったですね。
今思うと一種のパズルゲームみたいで。


2014_05_29-3
良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。

スポンサードリンク
ソーシャルボタン
この記事をツイートする この記事をはてブする

最新記事

    Amazonオススメ商品リンク

    みんなのコメント広場

    • 1.名前: まんまる名無しさん 投稿日:2014年05月29日 13:54 ID:0wsGc5QR0
    • アイテム枠増えないのが堀井マインド!
    • 2.名前: まんまる名無しさん 投稿日:2014年05月29日 20:13 ID:jFwIsqS70
    • 初めまして^^
      「よりみ」になってますよ!><
    • 3.名前: まるすけ 投稿日:2014年05月29日 20:42 ID:uksMfeII0
    • ありがとございます!
      恥ずかしい><
    • 4.名前: そこらの名無しさん 投稿日:2014年05月30日 10:06 ID:EEAgjHGL0
    • ポートピア懐かしいですね。PC版もFC版も両方やっていましたね。PC版だと「ゆきこのペンダント」がFC版は「ゆきこのゆびわ」に変わっていましたよね。
      一番苦労したのは、ごうぞうの屋敷の地下金庫ですよね。
      としゆきを逮捕すれば終わりかと思ったら、そうではなく何とか頑張ってヤスを追い詰めてエンディングまでたどり着きました。といっても大したエンディングではなかったですがね…

    コメントを書く

    仲良く使ってね(・∀・)
    ID付きの晒しと直接リンクはダメですよ~。
    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット